【夏季休暇のお知らせ】

【夏季休暇のお知らせ】

8月13日(木)~~ 8月16日(日)の4日間をお休みさせていただきます。メールは17日以降順次対応させていただきます。
※休暇期間中、電話受付は対応しておりません。ご不便をおかけいたしますが、ご了承くださいませ。

ブログ

エンディングノートを書こう

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「終活」という言葉を聞いたことはありますでしょうか。
近年、メディアでよく取り上げられるようになったこの言葉。
今回はその終活の一つであるエンディングノートについてご紹介します。

そもそも「終活」って何

「終活」とは生前に葬儀の準備などを行っておくことです。墓地や墓石の準備、身の回りの整理、相続に関する遺書などもまた終活の一環です。多くは亡くなった後、残された家族がトラブルに巻き込まれたりしないようにするために行われます。

エンディングノートの役割

「終活」ブームとともに知られるようになったのがエンディングノート。生前整理において重要な役割を果たします。葬儀やお墓、遺産相続はもちろん、介護や終末医療が必要となった際に自分がどうしてほしいかを書き留めておくことで、その意思を伝えることができます。
近年では書店でエンディングノートが売られているなど、本当に身近な存在となってきました。

法的効力はないので注意

意思を伝えるためのツールだと述べましたが、このエンディングノートには実は法的な効力はありません。そのためノートとは別に遺言書が存在する場合には、その遺言書の内容が法的に効力を持ち、優先されます。残された家族観で相続問題が発生することが考えられる場合は、エンディングノートではなく遺言書としてその意思を残しておくことが大事だと言えるでしょう。

どんな内容を書いたらいいのか

エンディングノートに書く内容は自由です。特にルールごとはありませんのでご自身が伝えたいことを思いのままに書いてください。
そう言われても何を書いたらいいか困るという場合には、市販のノートであればあらかじめ項目が書き出されているので、それを基に下記進めてみると良いでしょう。

書いておくと役に立つ情報

・自分史、家系図などの情報、友人関係
・健康状態、服用している薬、かかりつけの病院の情報
・預貯金・金融機関の情報
・金融資産・不動産の情報
・葬儀、お墓、介護や終末治療の希望

生前整理の一環として、ご自身の想いをノートに託しておくことは、万一の場合の備えとして大切なことです。いざというときに残された家族がトラブルに巻き込まれないためにもぜひエンディングノートというアイデアを取り入れてみてはいかがでしょうか。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を読んだ方は、他にこちらの記事も読んでいます。

アップルにお任せ下さい!
お客様のお気持ちに寄り添い、お客様の考えを第一にすべての作業に取り組みます。
より良いサービスをお届けするため日々努めてまいります。
ぜひ私たちにお任せください!
無料相談 受付中! 0120-06-06-49 電話受付時間 9:00 ~ 18:00土日祝対応!電話受付時間 9:00 ~ 18:00メールで相談する