ブログ

贈与税とは?上手に活用する生前贈与

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2015年1月1日から相続税の基礎控除額が引き下げられたことをご存知でしょうか。
不動産や有価証券を保有している方に相続税がかかる可能性が目に見えて増加している今、生前贈与が注目されています。
この記事では、贈与税と相続税の違いについての解説と、どうすれば課税額を減らしていけるのかをご紹介していきます。
※贈与税や相続税など、実際のご相談は、税理士さんなど専門家にご相談ください。

贈与税とは?

贈与税とは、個人から財産を受け取ったときにかかる税金のことです。
会社など法人格を持ったものから財産を受け取った時には贈与税はかからず、代わりに所得税がかかります。
その他に贈与税がかかる場合として、自分が保険料を負担していない生命保険金を受け取った場合や債務の免除などにより利益を受けた場合なども対象となります。

相続税との違い

相続税とは、ある方が亡くなったとき、その方に法令で決まった相続財産があった場合にかかる税金のことです。
それに対して贈与税とは、生きている間に家族や他人に財産をあげたときにかかる税金のことです。多額の相続税が予想されるときは、節税のために自身が生きているうちに財産を贈与することを生前贈与といいます。

贈与税の非課税枠

贈与税の非課税枠には以下のようなものがあり、うまく使って節税をしていくことが可能でしょう。

・贈与税の配偶者控除
・相続時精算課税制度
・住宅取得資金贈与
・教育資金の贈与
・子育て資金贈与 など

贈与税の特例

他にも様々な非課税枠があります。うまく利用して節税に役立てることができるでしょう。
・配偶者への自宅の贈与
・子などへの住宅購入資金 など

まとめ

贈与は贈る側と贈られる側との契約となります。贈与として認められないことがありますので注意して準備をしていきましょう。
以下のようなことに留意することをおすすめします。

・いつ、誰が、誰に、どこで、何を贈与するのかを明記した贈与契約書の作成
・現金渡しではなく、通帳への振込(受け取った相手が贈与の事実を知らなかった場合)
・株式証券の名義変更

生前贈与を上手に活用するためには、非課税化するためのいくつかの制度があります。
ご自身の状況に合わせて上手にご利用されることをおすすめします。

※贈与税や相続税など、実際のご相談は、税理士さんなど専門家にご相談ください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を読んだ方は、他にこちらの記事も読んでいます。

アップルにお任せ下さい!
お客様のお気持ちに寄り添い、お客様の考えを第一にすべての作業に取り組みます。
より良いサービスをお届けするため日々努めてまいります。
ぜひ私たちにお任せください!
無料相談 受付中! 0120-06-06-49 電話受付時間 9:00~20:00土日祝対応!メールで相談する