ブログ

遺品整理 捨ててはいけないもの

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

量が多くてどう分別すればいいのか悩む遺品整理。
遺品整理は専門の業者に頼んで処理していただくことが普通ですが、
全て任せきってしまうと、重要な書類ですとか、
残しておいてほしいものがいらないものと一緒に捨てられてしまうということが
万一起きてもおかしくはありません。
今回は残しておくべき遺品をピックアップしてみました。

資産系

お金に直結する資産は残しておきましょう。

預金通帳や貴金属、骨董品など、後々大きなお金に変換することのできる資産系は残しておきましょう。
相続等の話になる際、資産系の分配の仕方が曖昧であると、トラブルの原因になりかねません。
どれだけどんなのもがあるかはある程度把握しておいた方がいいでしょう。

中には気づきにくい資産も

お金に直結する資産は、中には気づきにくく見つけにくいものもあります。
代表的な具体例としてはへそくり等です。
袋や物に紛れて気づくことができずに誤って捨ててしまう可能性もあります。
分別するときは丁寧に中身を確認しながら捨てていきましょう。

 

書類系

重要そうなものは残しておこう

不動産関係の契約書、保険関係の契約書はもちろんのこと、
公共料金として必要である電気やガス、水道の領収書、
それらの契約の調整や解約の際、必要となる印鑑も大事です。

小さな書類でもすぐに捨てないほうが良い

重要そうな契約書の書類でなくても、例えば故人宛に届いた葉書等の郵便物も、
できれば捨てない方がいいでしょう。
万一連絡が必要になる際、参照として使用する場合があるので、ある程度は保管しておくのがベターです。

中には残すだけでは終わらないものも

返却すべき書類も把握しておこう

重要書類の中には、返却が必要なものも中には存在します。
代表的なものが「運転免許証」「パスポート」「クレジットカード」「保険証」です。
有効期限があるため期限が過ぎれば自動的に権利自体失効はするため、それほど急ぐ必要はないのですが、
権利を引き継げないものは速やかに返却しましょう。

最後に
いかがでしたしでしょうか。
捨ててはいけないものが明確になれば、捨てていいものがテンポよく捨てられるはずです。
ご参考になりましたら幸いです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を読んだ方は、他にこちらの記事も読んでいます。

アップルにお任せ下さい!
お客様のお気持ちに寄り添い、お客様の考えを第一にすべての作業に取り組みます。
より良いサービスをお届けするため日々努めてまいります。
ぜひ私たちにお任せください!
無料相談 受付中! 0120-15-5010 電話受付時間 9:00~20:00土日祝対応!メールで相談する