ブログ

遺品整理と生前整理の違いまとめてみました!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

遺品整理と生前整理。
それぞれ似たような響きですが内容は少し違います。
今回は似て非なる2つのワードの意味合いを検証してみました。

遺品整理

いつ行うのか

遺品整理は生前整理と違いお亡くなりになった後に親族や相続者が行います。
一般的に法要の意を込めて四十九日をすぎてから行うことが多いようです。
しかし物件等契約の更新上、四十九日を待っていると家賃等々が発生する場合もあると思いますので、
あくまで参考として頭の中にいれておいて頂くといいでしょう。

業者に頼んでみよう

生前整理はまだご本人様がいらっしゃるので判別がつきやすいこともあるかと思われますが、
遺品整理となると遺族が処理を全て負担しなければならないため、
時間が思った以上にかかってしまうことが起きてもおかしくはありません。
そんな時は思い切って遺品整理の業者に頼んでみましょう。
たとえ遠方であったとしても、報告書などなにかしらコンタクトをとり遺品の整理を進めてくれますので便利です。

生前整理

生前整理を行う意味とは?

生前整理とはその字の名の通り、整理するご本人様が生きている間に身の回りのものを整理することを指します。
亡くなったのちに残された遺族たちの負担を出来る限り減らすのが大きな理由となります。

遺品整理ほどいろいろ気にしなくていい

四十九日ですとか、タイミングですとか、遺品整理ほどいろいろと気にする要素もそこまでないので、
ご本人様がやりたいと思ったタイミングや、介護施設に入所するタイミングに合わせて行う等でも何ら問題はないでしょう。

遺品整理と生前整理の違い

2つの項目ともに大きな違いはない

上記の項目を読んでいただいたら御理解いただけるかと思いますが、
遺品整理と生前整理に内容自体そこまで大きな違いはありません。
しいて言うなら遺族が行うか、本人が行うかくらいです。
あとは、遺品整理は賃貸等物件の状況により料金発生等の期限が定められてしまいますので、
少し注意しながら整理を進めていけばいいでしょう。

 
最後に
いかがでしたしでしょうか。
遺品整理と生前整理。
2つの微妙な違いのご参考になりましたら幸いです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を読んだ方は、他にこちらの記事も読んでいます。

アップルにお任せ下さい!
お客様のお気持ちに寄り添い、お客様の考えを第一にすべての作業に取り組みます。
より良いサービスをお届けするため日々努めてまいります。
ぜひ私たちにお任せください!
無料相談 受付中! 0120-15-5010 電話受付時間 9:00~20:00土日祝対応!メールで相談する