ブログ

故人の家がゴミ屋敷だった時の遺品整理

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

一人暮らしをしていて亡くなった親族の遺品整理をしようと行ってみると、ゴミ屋敷になっていた、という話は珍しくありません。
高齢で身体能力・認知機能の低下し、片付けられなくなってゴミ屋敷になってしまうのです。
遺族がゴミ屋敷の遺品整理をするのは大変です。そんな時はどうすればいいのか。
ゴミ屋敷の遺品整理についてご紹介します。

家族でゴミ屋敷の遺品整理を行う方法

先に、ゴミを部屋の外へ出します。手前から奥へ、捨てるものをゴミ袋に入れて外に出します。
可燃ゴミ・不燃ゴミ・粗大ゴミなど分別も忘れずに。
思い出のあるものや大事なものが混ざっている場合もあるので注意しましょう。
ゴミを出し終えたら家具や家電を外に出し、害虫駆除や清掃を行いましょう。
【注意事項】
ゴミを一気に全部出すと近隣や収集業者に大きな迷惑がかかります。
ゴミ収集日に合わせ、ゴミはなるべく小分けにして出し、一回で全部出す場合は、事前に各地域の清掃担当に問い合わせてください。

業者にゴミ屋敷の遺品整理を頼む方法

遺品整理のプロに依頼すると自分でするよりも時間と労力を大きく減らすことができます。
自分の家の大掃除をでさえ大変なのに、ゴミ屋敷となるとそれは大変です。孤独死の場合は、悪臭や害虫の被害もあります。
専門の業者に頼めば、一般の方がやるよりもスピーディーにゴミ屋敷をキレイにしてくれます。遺品整理士などの資格を持った作業員が入れば、遺品供養なども任せられます。
【注意事項】
資格のない技術も知識がない清掃・整理業者も存在します。遺品整理では専門の知識や技術が求められます。
事前に「遺品整理士」や「特殊清掃士」などの資格を有しているか業者のホームページや口コミなど確認して選びましょう。

まとめ

今回は、故人が住んでいた家がゴミ屋敷だった場合、その不安が解消できるような情報を紹介しました。
ゴミ屋敷の遺品整理をすることになった場合、自分で対応するのは大変ですので、プロへの依頼もご検討ください。
業者への依頼の前には資格があるかインターネットでできるだけ多くの情報を手に入れることをオススメします。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を読んだ方は、他にこちらの記事も読んでいます。

アップルにお任せ下さい!
お客様のお気持ちに寄り添い、お客様の考えを第一にすべての作業に取り組みます。
より良いサービスをお届けするため日々努めてまいります。
ぜひ私たちにお任せください!
無料相談 受付中! 0120-15-5010 電話受付時間 9:00~20:00土日祝対応!メールで相談する