ブログ

遺品の合同供養

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ここでは遺品の合同供養についてご説明いたします。

これって粗大ゴミ?

遺品整理をしていて、出てきた日本人形・ひな人形・五月人形、大事にしていたぬいぐるみやアルバム。
粗大ゴミにするには少し抵抗がありますよね。
そんな思い入れのある遺品はきちんと供養してはいかがでしょうか?

合同供養の方法

大切な遺品は仏壇や神棚と同じようにお寺や神社でお焚き上げをするなどといった供養が可能です。
供養の依頼の方法が分からない、ご自身がお忙しく立ち会えない場合でも、きちんと専門知識のある回収業者に任せることで
合同の供養やお炊き上げでしっかりと供養をしてもらえます。
供養後はきちんと供養されたことが確認できる証明書がもらえるので安心です。

また費用は高くなりますが、合同供養ではなく、個別の供養で
ご家庭の宗教や宗派に応じて僧侶や神主様を、ご自宅や設置場所までお招きし、
しっかりと読経やお祓いをしてもらって供養ができます。
最後に
いかがでしたしでしょうか。
形見としてずっと取っておくというのも1つの方法ですが、自分の後の子孫に受け継ぐのでなければ
自分の代でしっかりと供養してあげ、お別れをすることが故人にとってもよい供養となるでしょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を読んだ方は、他にこちらの記事も読んでいます。

アップルにお任せ下さい!
お客様のお気持ちに寄り添い、お客様の考えを第一にすべての作業に取り組みます。
より良いサービスをお届けするため日々努めてまいります。
ぜひ私たちにお任せください!
無料相談 受付中! 0120-15-5010 電話受付時間 9:00~20:00土日祝対応!メールで相談する