ブログ

故人の賃貸物件、退去時の注意点

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

賃貸物件を退去する際は、より慎重に遺品整理を行う必要があります。
今回は退去の際の注意点をご紹介します。

退去時の掃除はどこまで対応すべき?

賃貸物件の場合、どれだけ原状回復が出来た状態で引き渡しできるかが重要です。しかしながらこの「原状回復」、どこまで清掃をする必要があるのかわかりにくいですよね。退去時になって家主さんとの間でトラブルになってしまった、などということにならないためにも、事前の手続きや相談は必須です。正しい対処でトラブルなく賃貸物件の返却を行いましょう。

必要な手続き

まずは家主さんに故人が亡くなった旨と退去の意思を伝えましょう。そこで先方より「退去届」を受け取ることになります。連絡先や家賃の清算のための銀行口座などを記入し、提出しましょう。退去時期についても注意が必要です。タイミングを逃すと追加で1ヵ月分の家賃を支払う必要が生まれてしまいますので、退去が決まり次第すぐに手続きが必要です。

トラブルの焦点は原状回復のレベル

退去時のトラブルでよくあるのが、原状回復をめぐるトラブル。入居の際に家賃1~2か月分を「敷金」として預けていることが多いのですが、これは基本的に家賃の滞納や部屋の破損がない限り返金されてくるものです。しかしながら近年はこの敷金が返金されないというトラブルが多くなっています。これは原状回復の認識が家主さんと住居者間でうまく共有されていないことに原因があります。

掃除・クリーニングの必要性

退去の際どこまでの清掃・クリーニングを行うべきかについては家主さんと事前に相談するのが良いでしょう。「現状回復」といっても完全に最初の状態に戻すことは不可能です。普通に生活していても汚れてしまう部分は必ず出てきます。退去前には、汚れてしまった箇所を丁寧に掃除し可能な限りキレイな状態にして返却することが大事といえるでしょう。また、建物自体の劣化によって起こったクロスの剥がれや日焼け跡などは借主に修復の義務はないケースが多いので、そちらも家主さんへ事前に確認を取っておくと安心です。

清掃・クリーニングのポイント

掃除・クリーニングをする際には、どこまで対応すればいいか迷いますよね。基本的にはご自分で落とせる範囲の汚れを落とすことができれば大丈夫です。特に重要なのが水回り。キッチンの油汚れやトイレ・洗面台の水アカなどはしっかり落としておきましょう。また床のシミや壁紙の汚れもキレイにしておくとお部屋全体の印象がアップします。窓ガラスのくもりをとっておくのも良いでしょう。

自力が難しければプロへ依頼しよう

ご自分で清掃するとその分費用を抑えることができます。ですが労力がかかるうえ、落とせる汚れにも限界があります。自力での対処が難しいと感じた場合はプロの業者へ依頼するのも一つでしょう。遺品整理業者の中には整理作業だけでなく、清掃・クリーニング作業までをまとめて行っているところも少なくありません。数多くの経験・知識があるので、思いがけないトラブルやお悩みにも臨機応変に対応することができます。そういったプロへ依頼する方法もありますので、一人で抱え込み過ぎないことをお勧めします。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を読んだ方は、他にこちらの記事も読んでいます。

アップルにお任せ下さい!
お客様のお気持ちに寄り添い、お客様の考えを第一にすべての作業に取り組みます。
より良いサービスをお届けするため日々努めてまいります。
ぜひ私たちにお任せください!
無料相談 受付中! 0120-15-5010 電話受付時間 9:00~20:00土日祝対応!メールで相談する