ブログ

これでストレスフリー!ゴミ分別と保管のコツ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

複雑で面倒になりがちなゴミの分別。
今回はそんなゴミの分別と保管法について学びます。

ゴミの分別は捨てるタイミングで行うのが吉

いざゴミの日になって、「さあ分別しよう」と思ってもなかなか大変な作業ですよね。普段からゴミを捨てるタイミングで分別しておけたら、そんな心配も必要ありません。ゴミの日がくるたびに訪れる憂鬱ともサヨナラです。

分別する数だけゴミ箱を用意

各自治体によっても分別ルールは異なりますが、大体5種類程度に分別をしておければ大丈夫でしょう。「不燃ゴミ」「可燃ごみ」「プラスチック」「缶」「ビン」の5つのゴミ箱をあらかじめ用意しておき、捨てる際にそれぞれのゴミ箱へ入れるように習慣づけましょう。

分別ルール表を身近に置いておく

複雑な分別ルールは一度読んだだけではなかなか覚えられないものですよね。その場合は、分別表をゴミ箱付近に貼っておくと良いでしょう。ゴミを捨てる際に、「あれ?これって不燃ゴミであっているのかな」などと疑問に思ったときにはすぐに確認が出来るので、迷ったり間違えてしまうことを防げます。
分別表は市のホームページなどで公開されていますので、ぜひチェックしてみてくださいね。

ゴミの日までの保存、清潔を保つことも忘れずに

せっかくきちんと分別したゴミも、保管方法が適切でなければ臭いが出たり、虫が沸いたり…。そんな悲惨な状況に陥らないためにも、保管方法にも十分気を付けましょう。

保管は蓋付きゴミ箱がオススメ

ビニール袋などで分けておく方法もありますが、蓋付きのゴミ箱がよりオススメです。生ごみなどは臭いが発生しやすく、コバエなどが住みつく原因にもなります。蓋付きであればその心配もありませんし、蓋の裏に消臭・虫よけを設置しておけばより安心。また中のゴミが蓋で隠されるため乱雑な印象もなくなり、お部屋がすっきりとします。

洗えるものはできるだけ洗って捨てる

食品トレーや飲み物の缶などはざっと洗っておきましょう。ちょっとしたひと手間で臭いの発生を防ぐことができます。お弁当の容器などもすぐにゴミ箱へ入れてしまうのではなく、シンクへ入れてまとめて洗う習慣をつけると良いでしょう。

ゴミの日まで待たなくても捨てられるものも

最近はスーパーや家電量販店でもリサイクルボックスが設置されていることが多いため、ゴミの日を待たずとも捨てられるものがたくさんあります。近所にそういったリサイクルボックスがあればぜひ利用してみましょう。

【スーパーで捨てられるものの一例】
缶・ビン、牛乳パック、ペットボトル、食品トレー

【家電量販店で捨てられるものの一例】
乾電池、インクカードリッジ、充電器などの家電小物

ゴミの分別がリサイクルや環境保護に役立つ

複雑なゴミの分別ルールも、元をたどれば資源のリサイクルや自然環境の保護につながる大切なもの。普段の生活から分別を心がけることが、次の世代へ美しい環境を残すことにつながるのです。ぜひご自身のライフスタイルに合ったゴミの分別・管理方法を見つけてみてくださいね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を読んだ方は、他にこちらの記事も読んでいます。

アップルにお任せ下さい!
お客様のお気持ちに寄り添い、お客様の考えを第一にすべての作業に取り組みます。
より良いサービスをお届けするため日々努めてまいります。
ぜひ私たちにお任せください!
無料相談 受付中! 0120-15-5010 電話受付時間 9:00~20:00土日祝対応!メールで相談する