ブログ

葬儀手続きや相続など必要な手続き

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ここでは、身内が亡くなったときに葬儀の手続きや相続など、何をしなくてはいけないかについて書いていきたいと思います。

主な手続きと期間

死亡後の手続きは大きく3つに分けられます。

① 「葬儀関係」の手続き

約7日(四十九日などの法要は除く)

② 「届出関係」の手続き

約14日

③「相続関係」の手続き

約1年
急ぎ確認しなくてはいけない手続きと、長期的に進めていく手続きがあります。

各手続きの大まかな流れや確認事項

大まかな流れについて書き出したいと思います。

① 「葬儀関係」の手続き

葬儀会社の選択・依頼

遺体の搬送

葬儀内容の打ち合わせと、関係者への連絡

お通夜

葬儀・告別式

初七日

四十九日

納骨

年回法要

 

② 「届出関係」の手続き

死亡診断書・死体検案書の手配

死亡届・火葬許可申請書の申請

・健康保険の資格喪失届と返却

その他、場合によって必要になってくる届出
・世帯主の変更届
・年金受給停止と未支給年金請求の手続
・遺族年金の請求
・公共料金等の変更・解約
・免許証・クレジットカード等の返却手続

③「相続関係」の手続き

・遺言書の有無確認

・相続人の特定

・相続財産(遺産)の調査、遺品整理

・相続方法の決定

・故人の所得税申告

・相続人全員での協議、遺産分割協議書の作成

 

身内が亡くなって傷心の中、別れとともに進めるのもなかなか辛いところだとは思いますが、
故人への供養と思い、遺族は頑張らねばならないのです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を読んだ方は、他にこちらの記事も読んでいます。

アップルにお任せ下さい!
お客様のお気持ちに寄り添い、お客様の考えを第一にすべての作業に取り組みます。
より良いサービスをお届けするため日々努めてまいります。
ぜひ私たちにお任せください!
無料相談 受付中! 0120-15-5010 電話受付時間 9:00~20:00土日祝対応!メールで相談する